プチプラ保湿化粧水のおすすめする選び方!!

“加齢により、女性の肌は乾燥しやすくなります。人間の体は皮膚があることで、紫外線や雑菌、ホコリなど外部の刺激から守られています。

皮膚は、水分が蒸発するのを防ぐ役割も担っています。肌にはバリア機能があり、潤いを守っています。

ところが、年齢を重ねると、様々な理由から肌の水分が失われて乾燥しやすくなるのです。

肌が乾燥すると、バリア機能も低下して、外部の刺激に弱くなります。そして、様々な肌トラブルの原因となってしまうのです。

肌のターンオーバーって何

肌の細胞は、新陳代謝によって常に新しく生まれ変わっています。この肌の生まれ変わりをターンオーバーと呼んでいます。

バリア機能が低下して、肌のターンオーバーのリズムが乱れると、皮膚は防衛機能を働かせて角質層を厚くしようとします。

すると、くすみの原因にもなります。皮膚に溜まったメラニン色素がスムーズに排出されないと、メラニン色素が肌に沈着して残ってしまい、シミとなります。

肌のバリア機能は、ストレスでも低下します。人間は、外的ストレスと内的ストレスを受けています。外的ストレスは、紫外線によるダメージや間違ったスキンケアによるダメージなどを指します。

ダメージを受けた肌は、角質が傷ついて細胞間脂質などにも影響を与えます。内的ストレスは、内臓を刺激して免疫力を下げますが、肌のバリア機能低下の原因にもなるのです。

若い女性に人気のプチプラ化粧品

乾燥を防ぐための保湿化粧水は、様々なメーカーから販売されています。最近は、若い女性を中心にプチプラ化粧品が人気を集めています。

プチプラ化粧品とは、手頃な価格の化粧品のことで、化粧品の口コミサイトでも人気があります。

乾燥しがちな肌におすすめの化粧品として、女性雑誌などでもよく紹介されているのが、セラミド配合の保湿化粧水です。

セラミドは、優れた保湿成分としてエイジングケア化粧品にも配合されることが多いです。表皮の角層にある細胞の間を埋めているのが細胞間脂質ですが、細胞間脂質の約4割を占めているのがセラミドです。

セラミドは、脂質の一種ですが、水と結合しやすい性質を持っています。そのため、肌の潤いを守り、外部の刺激から肌を守るバリアとして重要な役割を担っています。

角質細胞の間がセラミドでしっかりと満たされていれば、キメが整い、外部からの刺激に対するバリア機能もしっかりと働きます。

セラミドは、水分を層の中にはさみ込むことで水分を保ちます。水分を層の間にはさみ込むタイプの保湿成分は、強力な保湿力が期待できます。

セラミドを配合したプチプラの保湿化粧水は、幅広い年齢層の女性に愛用されています。肌のセラミドが十分で角質層が潤っていれば、厳しい環境でも肌は水分を保持することが可能なのです。

セラミドとナノセラミドの違い

セラミドには様々な種類がありますが、特にヒト型セラミドは保湿力が高いことで知られています。ヒト型セラミドは、人間の肌にあるセラミドとほぼ同じ構造を持っています。

そのため、他の合成セラミドと比べて保水力が高いわけです。ヒト型セラミドは、刺激が少ないのもメリットのひとつです。

最近は、セラミドがナノ化されて、さらに細かくなったナノセラミドが注目を集めています。ナノセラミドは、通常のセラミドと比較して角質層の奥深くまで浸透すると考えられています。

化粧品メーカーが独自に開発したナノセラミド配合の化粧品も、リーズナブルな価格で購入できるようになっています。

エイジングケアもできる保湿化粧品の成分として有名なのが、プラセンタエキスです。プチプラ化粧品の中にも、プラセンタエキスを配合した化粧品が増えています。

プラセンタは、アミノ酸やビタミン、ミネラルが豊富に含まれており、肌のバリア機能をサポートします。

潤いを維持して炎症を抑え、免疫力を高める働きがあるため、多くの人気化粧品に配合されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です