乾燥肌向け保湿化粧水のおすすめする選び方!!

“乾燥肌の人の肌の状態は、肌の水分と油分が足りない状態です。そのため保湿化粧水を使ってたっぷりの水分と保湿成分を存分に与えてあげることが大切になります。

そもそも乾燥肌とは、肌を守るバリア機能の働きが乾燥によって低下してしまい、紫外線などの外からの刺激に対して敏感に反応し弱くなっている状態です。

この状態を放置し続けてしまうと、しわの原因になったりくすみを引き起こすことにもなります。症状が悪化すると、水で洗っただけでもひりひりと感じたり、赤みを引き起こす可能性もあります。

そのためにも適切なスキンケアを行うことが非常に重要になります。

なぜセラミド成分を取り入れるべきなのか

なぜ肌が乾燥してしまうのかというと、肌の奥深くにあるセラミドが減少することによって、肌の水分を保てなくなることが考えられます。

このセラミドと呼ばれる成分は、肌の奥ふかくの水分の蒸発を防ぎ、肌の潤いを保つ働きをしています。

しかしこのセラミドは、年齢を重ねることや間違ったスキンケア、生活習慣や食生活の乱れ、季節による乾燥などの様々な理由によってどんどん減少し、乾燥した肌を引き起こすことになります。

乾燥肌の人が保湿化粧水を選ぶ際のポイントとしては、高保湿のセラミドを配合した化粧水を選ぶこと、もしも軽度の乾燥であるならば保湿力と目的によって選ぶこと、また刺激になる成分にも注意して選ぶ必要があるでしょう。

乾燥肌の人は、水分はもちろんのこと、保湿成分を補う必要があります。保湿成分にはさまざまなものがあげられますが、その中でも湿度によっても保湿力が変わらず、最も高保湿な成分がセラミドです。

しかしセラミドは保湿成分の中でも非常に高価なものです。そのため軽度の乾燥の場合には、セラミドに次いで保湿力が高く、価格が安い、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどの保湿成分が入った保湿化粧水を選ぶとよいでしょう。

乾燥や潤いを保つエイジングケア方法

一方で避けたい成分もあります。それはアルコールやビタミンC誘導体、着色料などです。どれも少量なら問題はありませんが、配合の量が多かったり、乾燥の状態がひどい場合には刺激になる可能性があるでしょう。

これらのことを踏まえたうえで、乾燥肌の人におすすめの保湿化粧水としては、まず一つ目にアヤナスローション、コンセントレートが挙げられます。

この商品は小さくて高保湿なヒト型ナノセラミドが配合されているため、肌の奥ふかくまで成分が浸透し、肌を潤してくれることでしょう。

またエイジングケアに力を入れているので、保湿だけではなく、乾燥によってひきおこされるしわやほうれい線、たるみなどにも効果が期待できるとされています。

保湿とエイジングケアを両方同時にかなえることができる、優秀な化粧水と言えるでしょう。つぎに小林製薬のヒフミドエッセンスローションです。

こちらの商品も肌に最も浸透しやすいと言われているヒト型セラミドを3種類も配合しています。肌にしっかりと潤いを浸透させて、弾力のあるハリのある肌へと導いてくれることでしょう。

アクティブセラミドでみずみずしい肌を

そしてアクティブコンディショニングベーシック「化粧液Ⅱしっとり」のおすすめです。肌にすーっとなじむテクスチャーで、べたつくことがなく、肌の角質層にまでしっかりの浸透をさせることができます。

美しい角層をはぐくむ注目の成分であるアクティブセラミドや、肌に栄養を与える甘藻エキス、潤いを保つためのフレッシュローヤルゼリーエキスなどの成分が配合されていて、乾燥によるダメージをケアして、なめらかでみずみずしい肌へと導いてくれることでしょう。

この商品には防腐剤や香料、アルコールなどの肌の刺激になる成分が入っていません。

乾燥肌の人には特にうれしい特徴といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です