50代の保湿化粧水のおすすめする選び方!!

“50代の肌は潤い不足に陥っている傾向があります。そのため化粧水についても保湿効果の優れた物を使用することが大切です。

ただ保湿化粧水は数多くありますから、選ぶ時にも苦労するのではないでしょうか。

どのような保湿化粧水がおすすめなのかというと、鉄則は高保湿な成分を含めている物を選ぶことですが、特にセラミドは欠かせない成分と言えます。

セラミド成分の重要性

保湿成分と聞くとヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタなどをイメージする人も多く、こういった成分が含まれている物を選ぶ人も少なくないはずです。

確かにこれらの成分は肌にとって有用な働きをしてくれるものの、ただセラミドが不足するとそうした成分の働きも落ちてしまう可能性があるのです。

というのもセラミドは肌に存在するラメラ構造という部分を組織するために欠かせない成分であり、水分と油分を適切に保持するための重要な役割を担っています。

もしセラミドが不足するとラメラ構造のバランスが崩れてしまい、化粧品で水分や油分を与えても効果が小さくなってしまうのです。

ところがセラミドは年齢と共に減っていく存在です。そしてラメラ構造のバランスが崩れた状態では、いくら保湿をしても効果的に行えません。

したがって、ヒアルロン酸などだけに注目せず、セラミドも重視したケアをしなければいけないのです。

ただ、安い保湿化粧水ですと効果の低いセラミドが含まれている可能性が高いですから注意しましょう。セラミドと言っても種類があり、価格の安い合成された物ですと効果も低いです。

天然物が効果に優れていると言われていますから、その点にも気を配りながら選ぶことが大切と言えます。続いて着目したいのが浸透性についてです。

50代の肌に必要なケアとは

保湿をするためには肌内部へときちんと届けてあげる必要がありますが、しかしながら普段使っている保湿化粧水ですと、実は浸透性が良くないかもしれません。

潤いのある肌は内側から生まれるにも関わらず、表面だけのケアに留めてしまうようでは効果も小さくなります。

したがって、選ぶ際にも浸透力を高める工夫がされている物に注目してみるのがおすすめです。

浸透をさせやすくするための成分が含まれているほか、分子レベルをナノ化した物、あるいは人工成分より浸透の良い天然成分を重視した物など、肌にしっかりと作用する物ですとスキンケアの質も違ってきます。

肌への刺激にも気を配っているかどうかも選ぶ時のポイントです。50代の肌は乾燥もしやすいためにバリア機能も弱く、刺激も受けやすいです。

安全性の優れている無添加化粧水

保湿化粧水自体が刺激になるようではいけませんから、安全性も考慮した物を選ぶのが鉄則と言えます。

安全性が高いと言えば無添加化粧水が代表的でしょう。余計な成分が含まれていないような印象を持つことができ、無添加を謳う製品も増えています。

ただ無添加という言葉は曖昧で、単に過去にリスクがあると判断された旧表示指定成分が無配合になっているだけの場合もあります。その他の成分の中にリスクのある物が含まれていないとも限りませんから、何をもって無添加を謳うのか良くチェックした方が良いでしょう。

また、そもそも無添加ばかりに拘る必要もないと言えます。無添加ではなくても安全性の高い化粧品は沢山あり、実際に特に問題もなく使用している人も多いはずです。

必ずしも危険というわけではなく、変に拘って選択肢を狭めてしまう方が良くないこともあるのです。

結局のところは自分の肌に合うかどうかですので、あまり無添加に拘らず、良いと思えた物ならどんどんトライしてみると良いでしょう。

まずサンプルやトライアル品などで試してみれば肌との相性もだいたいチェックすることができますので、様々な選択肢に目を向けて選び出すことが大切です。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です