10代の保湿化粧水のおすすめする選び方!!

“10代からスキンケアを始める人は多いと思われますが、ベースとなるお手入れと言えば保湿です。

若い肌は水分量も多いですから保湿は不要に感じられるかもしれないものの、ただ、元々乾燥しがちな人もいれば、室外での活動が多く紫外線の影響を受ける人もいることでしょう。

近頃では生活習慣が乱れる若者も多いですから、その影響で乾燥しがちになることもあります。そのため保湿についても疎かにすることができません。

効果的なスキンケアにするためには保湿化粧水の選び方が大事ですが、まずおすすめと言えるのが油分の少ない物を選ぶことです。

10代の大敵ニキビ対策は

保湿というと油分が含まれていた方が良さそうな気がするものの、10代の肌にはマッチしないことがあります。

まだ肌のバランスが安定していない年齢でもあるため、そこに油分をプラスするとニキビの原因になってしまうこともあるのです。

もちろん油分だけがニキビの原因ではありませんが、ただ発生リスクを高めるひとつの原因には違いないため、できるだけ避けた方が無難と言えるでしょう。

余計な機能性が含まれていない物を選ぶことも大切です。10代ですと少ないと思われますが、例えば美白やシミ、たるみなどへの対策をするために機能的な物を選ぶ人もいるかもしれません。

肌に悩みがあるのならまだしも、単なる予防目的で選ぶのは良くありません。それだけ余計に成分が含まれているということであり、不安定な肌にとっては刺激になってしまう可能性も否定できないのです。

安全性の確認を忘れない

やたらにスキンケアをするのも逆効果ですから、特に悩みがないのなら保湿に特化したベーシックな物をチョイスするようにしましょう。

自分の肌に合うかどうかも重視することが大切です。肌に合わない物を使うと刺激になり、ピリピリ感や赤み、皮脂の増加、肌荒れなど、様々な症状が出てしまうことがあります。

不安定な10代の肌はデリケートですから余計に注意しなければいけません。友達が使っているから、口コミで人気があるからなどの理由で安易に選ばず、自分にとってのベストを選ぶことが必要です。

安全かどうかをチェックするにはパッチテストを行うのがおすすめと言えます。やり方も簡単で、二の腕の内側の皮膚が薄いところに化粧水を付け、そのまま24時間様子を見ます。

特に赤みなどの違和感がないようならトラブルになるリスクは低いです。反対に違和感が出た時には、その保湿化粧水は使用しない方が良いでしょう。

きちんとテストを行えば大きなリスクになりそうな化粧水は回避できます。無理なく続けられる保湿化粧水かどうかも見極めるようにしましょう。

10代の場合はまだ経済的に余裕がないという人も少なくないと思われますが、そんな中で負担のある物をチョイスするのは良くありません。

継続的に使用するためにはプチプラコスメ!

続けてこそ効果があるのが保湿化粧水でもあるため、続けられなさそうなら諦めた方が良いでしょう。

だからと言って価格の安過ぎる物も不安視されるかもしれませんが、しかしながら近頃ではプチプラのコスメの人気が高まっていることからも分かるように、価格の安い物でも実用性があります。

贅沢成分を配合している保湿化粧水でも、千円前後で購入することができますから10代でも入手しやすいです。

また、人気の高まりに合わせて製品の数も増えていますので選択肢も沢山持つことができます。

ただ、価格の安い物には良くない物が含まれているのも事実です。

安いということはそれなりの品質の原材料を用いている可能性もあり、肌にとって害になってしまう可能性も否定できません。

安全性を見極めるにはパッチテストをきちんと行うと共に、注意が必要とされる成分が含まれていないか確認するようにしましょう。

成分についてはネットでも簡単に調べられますから積極的にチェックする姿勢が大切です。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です