20代の保湿化粧水のおすすめする選び方!!

“肌の質は年齢によって変化していきます。そのためスキンケアなども年齢に合わせて行うことによって、効果が出てくるようになります。

20代になると、10代の時には感じなかったカサつきなどを感じ始めることが多くなります。これは加齢だけではなく、生活環境や食生活が大きく変化することなども要因となり、肌の水分量が減っていくために感じる変化です。

また、カサつきは感じるのに皮脂が多くなったように感じるという人も多くいます。

20代で起こりやすいトラブルとしては、乾燥や皮脂のべたつ以外にも、毛穴が黒ずんでしまったり、大人ニキビができやすくなったなどがあります。

べたつきを避けた高保湿製品がオススメ

このような肌悩みに対しても、将来へのケアとしても重要なのが保湿をしていく、ということになります。

つまり20代のスキンケアとしては、今後のシワくすみ対策としてもべたつかない高保湿なものを選んでいくことがポイントです。

まだ若いからと躊躇しがちな人も多いですが、高保湿な製品を取り揃えているエイジングケア系のものもおすすめです。

ただし、エイジングケアの製品は加齢によって減った皮脂を補うために油分を配合しているものも多いため、きちんと選ばなければベタつきやテカリにつながることもあるため注意が必要となります。

保湿をするときに重要なのが保湿化粧水ですが、必要になってくるのは20代前半と後半では異なってきます。前半はまだ皮脂の分泌な時期でもあります。

そのため、肌の乾燥を防ぎながらも皮脂の分泌を抑制するものや毛穴の引き締めをするものを選んでいくことがおすすめです。毛穴の引き締めと皮脂の抑制、乾燥を防ぐ成分としてはビタミンC誘導体が効果的だとされています。

20代前半と後半でのスキンケア用品は

コラーゲンの生成を促す働きもあることから、乾燥を防ぐ効果のほかターンオーバーを整えて美白にしたり、ニキビを防ぐ効果などを期待することができます。

ただし、刺激の強い成分のため逆に乾燥を悪化させてしまうこともあります。そのため美容液や保湿クリームで油溶性の保湿成分を補うことでより高い保湿効果を得られます。

後半になるといわゆる「お肌の曲がり角」という時期がやってきます。妊娠出産を機に肌質が変わってしまうこともあります。

この時期のケアをきちんと行っていなければ、30代や40代になってから取り返しのつかない状態になってしまう可能性もあります。そのため25歳を過ぎたら、保湿化粧水を含めたスキンケア用品の見直しをすることがおすすめです。

25歳を過ぎたら重要なのが保湿成分が入っているのかどうかで、高保湿成分である低刺激で肌馴染みの良い成分であるセラミドが入っていたり、オーガニックな植物由来の成分が入っているものなどが効果的だとされています。

肌に余計な刺激を与えないためにも、無添加のものを選ぶことが効果的です。

様々な製品がありますが、できれば同じブランドやメーカーで揃えるライン使いすることをおすすめします。

どのブランドやメーカーでも、ラインで使うことによって過不足なく美容成分を補うように作られていることが一般的だからです。

自分に合った化粧品を知る

ひとつひとつは良い別々の化粧水、美容液、乳液を使ったとしても、それぞれの相性が悪ければべたついたり、肌への刺激となってしまい肌荒れを起こすなどのトラブルにつながってしまうことも考えられます。

最低でも化粧水とクリームはライン使いにすることで安心して肌につけることができます。

基本的に化粧品は1〜3ヶ月程度使うことで相性がわかってきます。

トライアルセットがある製品であれば、それを利用することで使用感を確かめることができるため積極的に利用していきます。

また、長く続けるためには無理のない値段で、ストレスのない香りやテクスチャーのものを選ぶことが大切です。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です