40代の保湿化粧水のおすすめする選び方!!

“20代は将来にできるシミを防ぐための美白ケアと紫外線対策、30代は潤いが減ってしまうため乾燥を防ぐための保湿を中心にケアしていきます。

40代になると女性ホルモンがどんどん減っていってしまう時期でもあります。女性ホルモンのエストロゲンは美肌や美髪を作るために必要なホルモンですが、それが減ってしまうことで肌や髪にツヤやハリ潤いなどがなくなってしまいます。

女性ホルモンが減ってしまうことで、肌のバリア機能なども低下していきシミやシワ、たるみなどの肌トラブルが引き起こしやすくなります。

つまり、老化を実感してしまう時期でもあるため、諦めてしまう人も多くいますが、しっかりケアすることによって老化を遅らせることは十分に可能です。

スキンケアにはまずホルモンバランスを整える

女性ホルモンの減少は、肌ばかりではなく自律神経にも影響してきます。

自律神経が乱れることで動悸やのぼせ、めまいや頭痛、不安な気分になったり、イライラしてしまうなどの症状が現れる更年期障害になってしまうこともあります。

全ての女性に現れるわけではありませんが、精神的にも肉体的にも不安定なためケアが難しくなる時期でもあるため注意が必要です。

しかし、肌の老化を加速させないためにも、規則正しい生活やバランスのとれた食事、ストレスを解消してホルモンをなるべく整えることを意識していくことがスキンケアにもつながっていきます。

40代の肌は女性ホルモンの減少に加えて、肌の潤い成分も減少していってしまいます。そのため乾燥肌を防ぐためには保湿化粧水などを使用して、肌の潤いを補っていくケアをしていくことがおすすめです。

保湿効果の高い化粧水を選ぶ

保湿化粧水などを使ってエイジングケアに取り入れたい成分は様々なものがあります。まず効果的なのがプラセンタが挙げられます。

プラセンタは動物の胎盤から抽出したエキスで、アミノ酸やビタミンなど様々な成分が含まれています。肌の弱っていることの多い40代の肌には刺激が弱いというのも嬉しいポイントです。

また、保湿効果だけではなく美白効果や血行促進などの効果もあり積極的に取り入れることをおすすめします。

ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿効果の高い成分が配合されている保湿化粧水なども効果的です。

ヒアルロン酸は肌に浸透することはありませんが、皮膚表面にとどまって肌の水分が蒸発するのを防ぐ働きがあります。

サクランという成分も良いとされています。藻から抽出される保湿成分で、その保水力はヒアルロン酸の5倍も効果があるとされています。

その他にも、活性酸素を抑制するアスタキサンチンやし肌の引き締めなどにも効果のある植物エキスなど様々なものがあります。

自分の肌に合ったものを選んでいくことで、肌の乾燥を防ぐことができます。その他保湿化粧水以外にも、クリームや美容液にも気をつけることをおすすめです。

保湿効果の高い成分として有名なセラミドは、油溶性の成分のため化粧水として使うよりも美容液や保湿クリーム、乳液に配合されているものを使うことで高い効果を発揮します。

ビタミンC誘導体は、水溶性と油溶性などがありますが、水溶性は刺激が強く弱っている40代の肌には刺激が強すぎる可能性があります。

余計な刺激を与えないためにも、刺激の少ない油溶性のものを使うことで優しく保湿効果を得ることができるようになります。

まとめ

40代の保湿化粧水は保湿目的だけではなく、肌を保湿するための準備を整えるために使うことを意識していきます。

保湿効果の高いセラミドやビタミンC誘導体は、じっくり浸透することのできる油溶性のものを選ぶことが良いとされています。

化粧水だけでは保湿することは難しいため、高保湿成分の配合された美容液やクリームを使うことが大切です。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です